Kramer vs Kramer 4

クラマー vs. クラマー
マルニクス・スペイブルーク/吉田映子訳

木の板にそうするように
(たとえば古びたオークの扉)
一層一層が 掻き削られる
すべての木目が 染められるように

途方もなく猛り狂い
(何かを隠すかのように)
一層一層が 覆われる
ただ彼だけが 見えるように

「光から始めよ」と告げられていた
光は何も課さない 何ものにもどこにも縛らない 
眩ゆむ私が鏡の盾をかざす
私自身を映して そして世界を逆さまにする
どんなときも尋ねるな なぜ知ることだけを見るのか

役立つ粉になるまで砕いた そのアルファベット
どうしても必要なのは 私の名において話すこと
唾を溜込まぬ私は イメージを
もごもご話す 感動屋の不動産屋
家を それより小屋を建てよう
道に迷った羊飼いのため 鳩までもがやってきた
風に吹かれ伝言も持たず
開いた鎧戸の下には閉じたブラインドが隠され
奥には金のスカラベの予感がする

古い本の中から 私自身を束ね切り抜く
聞くところ自らに刺青をいれたのだと
まさにこの肌に鋭いメスでドライポイントを
唯一価値あるこの徴にかすれたチョークで立ち向かう 
骨の最も青白きところ届くまで私を見通したいのなら
この葉の組織を解きほぐせ
雲の点字を読む一本の木を思え
輝く黄金となるまで水に溶かせ
必要ならば血を流すまでこのインクを解読せよ

Het gedicht Kramer vs Kramer werd in vertaling afgedrukt in een Japanse catalogus bij werk van Enk de Kramer.

Advertenties

Geef een reactie

Vul je gegevens in of klik op een icoon om in te loggen.

WordPress.com logo

Je reageert onder je WordPress.com account. Log uit / Bijwerken )

Twitter-afbeelding

Je reageert onder je Twitter account. Log uit / Bijwerken )

Facebook foto

Je reageert onder je Facebook account. Log uit / Bijwerken )

Google+ photo

Je reageert onder je Google+ account. Log uit / Bijwerken )

Verbinden met %s